西洋占星術とは

 

空には悠久の時代から星が輝いています。

星のエネルギーはすべてのものに注がれています。

そこの貴方、貴方にもですよ。

 

ホロスコープは貴方が誕生する時にどの様な星のエネルギーが

その瞬間注がれているかが記録されています。

それは貴方だけの魂の設計図

取り扱い説明書です。

 ここでは占星術で何を見ているのか簡単に説明していきます。

まず、ホロスコープを作ってみましょう。

 

「ホロスコープ作成」と検索すると様々なサイトがあります。そこで生年月日、出生時間、出生地入力して作ってみてください。

 

次に、作成したホロスコープを基に読んでいきましょう。

 ホロスコープとは

占星術で使う天体配置を示した図(チャート)のことです。

この一枚の図を見てホロスコープの持ち主の

性格

人生傾向

目的

変化

出来事

など様々な事をリーディングするのが西洋占星術の基本的な方法です。

 

ホロスコープを読むうえで基本的項目

 

地平線の軸 アセンダント、ディセンダント、

子午線の軸       MC、IC

12サイン

12ハウス

感受点(天体)

アスペクト(天体や軸との角度)

これらをあわせて個人の傾向や持っている資質、癖などを解釈していきます。

 

地平線の軸 (円を横に2分割する線)

アセンダント⇒生まれつきの個人の資質 容貌、行動を始める時の特徴

 ディセンダント⇒個人にとって鑑となる環境や対人関係

 

子午線の軸 (円を縦に2分割する線)

MC⇒社会の中でその人が生きていく為の看板、名刺として出せるような生き方

 IC⇒心理的に安心できる生活の基盤