感謝

昨日第二回西洋占星術カンファレンスonlineで視聴させていただきました。

素晴らしい先生方の発表を聴いて感動したのと

果てしないものにはまってしまったな~と思いました。

まだまだ学ばなきゃいけない事が沢山あるんだということ

突きつけられた感じです。

去年のような開催だったら遠くに住んでいる私は今年も行く事は

出来なかったろう。

今のご時世だからこそ観れた聴けたです。

登壇された先生方スタッフの皆様本当に感謝です。

ありがとうございます。

精進しなきゃ。

 

私が占星術を学ぼうと何故思ったのか

正直な話、思ったことなかったんです4年前までは。

 

13年前母親が亡くなってから自分自身の信念体系や周りの人間に対して不信感が

いっぱいになり隠れ鬱のような感じで生きていたんですよね。

子育てや仕事はやらなきゃいけないという思いだけで無理やり動いていた感じでした。

そんな時、高校時代の友人に超久しぶりに飲みに行こうと誘われて

気乗りはあんまりしなかったのですが、まあ、たまにはいいかっ。

と思いつつでかけました。

たわいもない昔の話や愚痴ったりしてたんですが

友人が何気なく「同級生の○○ユタやってるってよ、ブログもやってるみたいよ」

て話してきて、どんな感じか話を聞かせてくれました。

私も知っていて興味はあったけどその人は

目力が強くてなんだか見透かされている気がして、

怖くて話しかけれなかった人でした。

でもその人は、誰からも親しまれている感じなので

なんで私は怖がっているのか自分でも不思議でした。

家に帰ってきて夜の0時過ぎていたにもかかわらずすぐに

ブログの検索を始めそのブログを読み始めました。

衝撃でした。

同い年なのになんてすばらしい事を書いているんだと。

毎日毎日読んで自分でできることをすこしでも実践しようとしてました。

毎日読んでいるうちにこんなすごいものをタダで見ているって

いいのか?

怖いけど会ってみたいな。

ただそれだけ。

私の悩みは「生きずらい」ただそれだけなので人に相談したりするものではないと

どうしようもないと思っていました。

 

どうしようかと考えている時に

息子が仕事で駐車している空き地にウサギがいた。

と可愛いウサギだったよ。と話たので

孫と娘と3人でニンジンを持ってウサギを見に行きました。

耳の垂れたペットとして飼われていたのではないという感じでした。

逃げるので捕まえてくることは出来ずその日は帰りました。

翌日娘と孫二人でまた見に行って様で「つかまえきれなかった~」

といって夕飯を私の家で食べて婿さんが仕事帰りに迎えにた時に

「もし捕まえてきたらここ連れてきてもいい?」

と言ってきたので、気軽に「いいよ」と、本心は捕まえきれないから

連れてこれないと思ってました。

それが、

「捕まえたよ~」って連れてきてしまったから

さあ大変。

食べ物どうする。

何に住まわせる?などなどウサギ飼育したことがないので

てんやわんやでした。

そんなこんなでウサギを育て始めお世話しているうちに

犬や猫拾うってよくあるけど

ウサギ拾いましたってあんまり聞かないよね

これってレアなんじゃない?

こんな珍しいことないよね。っていうことは何か意味あるのかな?

と思い、ウサギ、スピリチュアルで検索してみました。

飛躍とか多産とか書いてあったと思います。

これは、飛べってことかなと勝手に解釈して思い切ってセッション申し込みしました。

2017年の11月30日に会いに行きました。

そこでいろいろ話してくださりました。

その時に月読みしてみたらと言われたのですぐに書店に行き

月読みの本ってあるのかな~と思いながら探していたら

松村潔先生の月星座って本があってその本を読み始めてからが西洋占星術

の沼にはまった始まりです。

読んでも意味がわからないことが多くて月だけじゃない他の要素も勉強しなきゃ

と書店に行き松村潔先生の最新占星術入門を購入し読み始めました。

そんなこんなで東京まで出かけて講座聞こうとしちゃうほどになりました。

本もどんどん増えてきてしまいました。

 

私自身の出生時間は不明なので正確なホロスコープは出せないのですが

松村先生の深読み講座で暇な占星術師に時間合わせてもらったらいいんじゃないと

言われたので、じゃあ、私がその暇な占星術師になろうとおもいました。

 

西洋占星術の勉強楽しくて長生きしてもいいかなって思えるようになって

そこに導いてくださった知名さんに感謝の気持ちでいっぱいです。

あの時セッションに申し込んでいなければ今のような穏やかな心境では

いられなかったのではないかと思います。

ありがとうございます。

 

これからも私に縁のある方のお役に立てるように日々努力していきたいと思います。

宜しくお願いします。